Shield シールド

昨今、酵母の開発と並んで、都道府県単位で酒米の開発にしのぎを削る時代となっているが、山形県庄内地方は米の品種改良がとても盛んだったことを伺える資料を見た。山形県鶴岡市藤島地区にある農業試験場の方からいただいたその資料を見ると、今では考えられないのだが、品種改良や新品種の開発を、農家の個々人が主体となって行っていたのであった。これに尊敬の念を抱かずにはいられない。米を原料とし年間数百トン使用する商売=酒造業を営んでおきながら、私はその事実は知らなかった。恐らく他の庄内の蔵元さんもご存じないのではないか。米どころ庄内の酒蔵として、その歴史や先人の方々の偉業を後世に伝えていかなければならないと、強く決心したのである。

新しい酒米の品種開発も大事だが、それらの源流となる昔の酒米の品種も大事にして残すべきだ。そんな考えから私は、「惣兵衛早生(そうべえわせ)」という米の品種の復活を、2017年の秋口から模索し始めた。庄内町発祥の「亀の尾」については、歴史のある酒米だが、同町の鯉川酒造さんを筆頭に多くの蔵元さんで取り組まれており、それとは違う品種を探した。結果たどり着いたのが、「亀の尾」の親にあたる「惣兵衛早生」(「冷立稲」ともいう)だったのである。

前述の農業試験場から、残っていた種もみを1.9kg譲り受け、地元の契約農家の庄司隆さんに栽培を打診した。最初は後ろ向きであったが何とか説得し、2018年春、最初の田植えに漕ぎ着けた。0.5反というわずかな面積からのスタートだ。初年度の栽培は、品種特性を見る意味合いもあるが、翌年の本栽培に向けて種子を確保することが目的だった。古い品種だけあって、丈が長く栽培は困難を極めた。これでは、亀の尾と一緒でほぼ収穫前に潰れてしまうだろうから、栽培したがる農家はいなくて当然だろうと思った。消えて無くなって当たり前の品種ということだ。最近の品種は、全て丈が短くなるよう品種改良されており、コンバインで楽に刈れるからだ。そうでなければ、面倒な酒米の栽培などやろうとは思ってくれない。

そして、2019年春、作付けする契約農家さんが一人増え、1.2ヘクタール(≒12反)の惣兵衛早生を植えた。同年秋からの造りで、その米を醸す。品種改良された最近の酒米にはない良さを引き出したいと考えている。2019年に蔵付きのオリジナル酵母を分離培養したので、それを合わせることにした。古い米の品種と、新しく分離した蔵付きの酵母の組み合わせ。一体どんなお酒に仕上がるか。ぜひ期待していただきたい。

契約農家さん25名のうち、惣兵衛早生の復活を応援し、この割に合わない品種を作付けしてくれた農家さんは、庄司隆さん、佐藤清人さんの二人だけだった。丈が長く潰れてしまう稲はどうしてもリスクがあり面倒なので引き受け手がいないのだが、このお二人は、「面白そう」ということで引き受けてくれた。(お酒を飲ませて無理に作付けの約束をしてもらったのはここだけの秘密である。)まずは、このお二人が納得するようなお酒ができるように頑張りたい。そうすれば、惣兵衛早生に興味を持つ人が少しは増えるかもしれない。

六代目蔵元 佐藤淳平

Shield 惣兵衛早生(シールド そうべえわせ) 季節限定 数量限定

2020年10月 発売予定

「惣兵衛早生(そうべえわせ)」は、“幻の酒米”と称される「亀の尾(かめのお)」の親にあたる庄内地方の在来品種で、現在では亀の尾以上に希少な存在となっております。その種もみを山形県農業総合研究センター水田農業試験場様から譲り受け、歳月を掛けて作付け面積を増やし、現代に甦らせました。

庄内地方は昔から民間の篤農家による稲の品種改良が盛んな土地であり、その歴史と産物を日本酒という形で守り、伝承していきたいと考えております。蔵元家の家紋である「源氏車」と、「盾(シールド)」を融合したロゴマークは、受け継がれてきたものを守り続ける意思を表しております。

Shield 亀の尾(シールド かめのお) 季節限定 数量限定

2020年4月 発売予定

「亀の尾(かめのお)」は、1893年(明治26年)に現在の庄内町の篤農家阿部亀治によって発見された、“幻の酒米”と称される品種です。その亀の尾を使用し、楯の川酒造の創業当時に行われていた汲み水を詰める特殊な仕込み配合、且つ乳酸の使用数量を抑えたより自然な酒母で仕込みました。

庄内地方は昔から民間の篤農家による稲の品種改良が盛んな土地であり、その歴史と産物を日本酒という形で守り、伝承していきたいと考えております。蔵元家の家紋である「源氏車」と、「盾(シールド)」を融合したロゴマークは、受け継がれてきたものを守り続ける意思を表しております。