Extreme エクストリーム

たいていの蔵元の最上級品は精米歩合35%がいいところではないだろうか。なぜ精米歩合35%が最高のお酒なのか。果たして、その根拠はあるのだろうか。楯の川酒造では、毎年毎年、高精白に注力してきた。「精米歩合35%が最高」という日本酒業界の常識からいち早く抜け出し、更に高い次元を目指したのだ。「精米歩合だけがいいお酒の基準ではない」という声も聞こえるが、思考停止のいい事例だと私は思う。

やはり、綺麗で繊細で良い酒を造るためには、精米歩合のパーセンテージは低い方、より磨いた方がいい。それは、自分に言わせれば山登りと同じ感覚だ。3合目と5合目でも見える景色は全然違うし、澄んだ空気の中、下界を見おろすには高いところまで登った方が綺麗に見えて気持ちいい。それと同じ感覚なのだ。私は綺麗なお酒が好きだ。米を磨いて醸した方がお酒は綺麗に仕上がる。綺麗なお酒を楽しむためには、精米歩合の階段も上へ上へと、登らなくてはならない。そのように私は確信している。

精米歩合だけが日本酒に価値を付与するものでないことは、十分に承知している。ただ単に精米歩合の競争を煽っているわけではない。より磨いて精米歩合のパーセンテージを低くすることを薦めるのは、国内の米の消費量が落ち込む中、高精米の日本酒を造っていくことが、米の消費拡大の一助になり、地方創生の中心的な役割に成り得ると信じているからである。

六代目蔵元 佐藤淳平

純米大吟醸 急流(きゅうりゅう) 数量限定

各蔵を代表する大吟醸や純米大吟醸の精米歩合は40%~35%程度が一般的ですが、楯野川の「Extremeシリーズ」は、それよりも更に磨いた米で醸した酒で構成されています。

精米歩合33%の「急流」は、シリーズの中のエントリーモデルです。「極限」や「光明」といった精米歩合一桁台の楯野川は、「急流」の延長線上に位置するといえます。

【商品購入ページのご案内】
楯の川酒造公式オンラインショップ

純米大吟醸 極限 【2019Vintage】 数量限定

2021年11月下旬 新発売

1832年創業の蔵元が持つ全ての技術と熱い情熱を注ぎ込み、香り・繊細さ・膨らみ・余韻 全て兼ね備えた「楯野川 極限」。2013年に誕生した「極限」は、当蔵の象徴する酒として存在感を放ち続けております。

精米歩合8%という極めて小さな白米を醸すための蔵人らの技術は、年を重ねるごとに熟練されていきました。2019年に醸造した「極限」は至上の出来映えとなり、酒自体が持つポテンシャルが類い稀なものであったことから、氷温下で特別熟成を施し、【2019Vintage】と冠して披露させていただくこととなりました

時の移ろいと共に深みを増してゆく日本酒の魅力を、存分にお楽しみいただけましたら幸いです。

純米大吟醸 極限 数量限定

日本酒の最高峰カテゴリーである純米大吟醸において、今までにない精米歩合8%を実現することにより、香り ・ 繊細さ ・ 膨らみ ・ 余韻 全てを兼ね揃えた最高の日本酒を造ってみたい。

六代目蔵元 佐藤淳平がそう思ったことを契機に、1832年創業の蔵元が持つ全ての技術と蔵人全員の熱い情熱を注ぎ込み完成した 「楯野川 極限」。

一般的な大吟醸や純米大吟醸とは一味違った日本酒の可能性を感じながら、日本酒の極致をお楽しみいただければ幸いです。

【商品購入ページのご案内】
楯の川酒造公式オンラインショップ

純米大吟醸 初代平四郎 数量限定

★2022年4月 新発売

天保3年(1832年)創業・楯の川酒造の初代蔵元「平四郎」の名を冠した逸品です。

1923年に「山田錦」が誕生してから約100年が経過しようとしていますが、酒米の王様という異名そのままに、これを超えるとされる酒米は今なお誕生していません。

「日本酒文化の歴史の中で、現代においても最高と認められている酒米を用いて、初代の名を冠した酒を造り、創業の原点を未来へ託していきたい」という思いから「純米大吟醸 初代平四郎」は生まれました。

【商品購入ページのご案内】
楯の川酒造公式オンラインショップ

純米大吟醸 上流 数量限定

★2022年4月 新発売

減農薬・減化学肥料の“特別栽培”によって地元の契約農家に育てられた「美山錦(みやまにしき)」を使用し、40%まで精米して醸造しました。

美山錦は、一般的に硬質米とされており、米が溶けにくいことから味の幅が出にくいとされています。しかし、これまで蓄積した技術と経験を活かして、美山錦の特徴を引き出しながら旨味を出すことに注力した結果「綺麗さ」と「味わい深さ」が両立した美酒が完成しました。

柑橘系の上品な穏やかな香りが特徴で、すっきりとしたシャープな味わいと上質な酸味が合わさり食事に寄り添います。