ニュースリリース

全てのニュースリリース 記事タイトル一覧です。

「楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Sparkling」新発売のお知らせ

2019年3月23日

楯の川酒造株式会社(銘柄「楯野川」:山形県酒田市)は、2018年3月19日に以下の商品を発売しました。本商品の特徴は以下の通りです。

1. フランスのロックバンドPHOENIX(フェニックス)公認の純米大吟醸のスパークリング酒
2. バンド結成20周年を記念
3. フランスで日本酒啓蒙活動を行っていた黒田利朗さんに哀悼の意を表し、売上の一部は日本赤十字社に寄付
4. 日本国内では横浜君嶋屋、銀座君嶋屋、恵比寿君嶋屋の3店舗のみでの販売

【PHOENIXスパークリングの詳細】
バンドが甘めのスパークリング酒が好みのため、甘口に仕上げました。また、シャンパンなどのガス圧が高めのものも苦手だというリクエストに合わせて、控えめのガス圧になるようにしました。楯の川酒造では、スパークリング酒の製造経験がなく苦労しましたが、バンドもすでに何度も試飲をして、気に入っていただいている自慢のスパークリング酒です。
シャンパンやスパークリングワインと同じように、フルートグラスで飲むのがお勧めです。また、2019年はバンドが結成20周年を迎えるため、このタイミングでの発売となりました。

【これまでの取り組み】
食の都パリで和食・日本酒の普及に尽力されていた黒田利朗さんが、2017年2月パリの病院で逝去されました。
PHOENIXギタリスト クリスチャン・マゼライさんは、黒田さんを通じて日本酒に興味を持たれ、楯の川酒造とコラボレーションした日本酒(レインボーラベル)を2017年6月に発売しました。黒田さんのオマージュを継続するために、PHOENIX SAKE COLLECTIONという名のプロジェクトを立ち上げました。バンド自ら日本酒を選定し、その魅力を世界中に広めるというものです。楯野川だけでなく、油長酒造(奈良県)「風の森」、惣誉酒造(栃木県)「惣誉」もこのプロジェクトに参画しております。また、黒田さんがガンで亡くなったことから医療技術の発展に寄与するため、売上の一部は日本赤十字社に寄付いたします。

【商品概要】
商品名:楯野川 純米大吟醸 PHOENIX スパークリング ※化粧箱付き
容量:720ml
アルコール度数:15度
原料米:庄内産契約栽培米出羽燦々100%使用
精米歩合:50%
小売価格:3,024円(税込)
詳細はこちら

【販売について】
日本国内では、横浜君嶋屋、銀座君嶋屋、恵比寿君嶋屋の3店舗のみでの販売となります。
販売の詳細は、君嶋屋HP をご覧ください。

【メディア掲載】
これまでに取材していただいた記事はこちら です。

【写真について】
高解像度写真をこちら です。