Music

全くもって個人的なことだが、私自身、昔からロック・グランジ・オルタナ・パンクといった音楽が好きで、偏りはあるものの、今でもそれらの音楽は大好きだ。
音楽を聴きながら飲む日本酒。そんなのがあっても面白いと思うし、音楽と日本酒の掛け算は無限の可能性があると思っている。

ご縁があって、2017年にグラミー賞を受賞したフランスの人気バンド「Phoenix」とコラボすることに。
そして、2021年にはアメリカの超人気バンド「Foo Fighters」と一緒にオリジナルの日本酒を企画、リリースすることになった。

カッコつけていうと自分たち蔵元もある意味アーティストではないかと思っているが、明日への活力やパッション、人生の楽しみを付与できるような、音楽との取り組みをこれからも模索していきたい。

六代目蔵元 佐藤淳平

Foo Fighters × 楯野川 純米大吟醸 半宵 碧(はんしょう あお) 数量限定

Foo Fighters(フー・ファイターズ)結成25周年、バンド通算10枚目のアルバム『Medicine At Midnight(読み:メディスン・アット・ミッドナイト)』の発売を記念して造った純米大吟醸酒です。

発酵中の醪(もろみ)にFoo Fightersの曲を聴かせて造った『半宵 碧』は同バンドのポップな一面にフォーカスし、華やかな香りと軽快な甘みが感じられる味わいに仕上げています。

日々の疲れを癒してくれるような優しい甘みが体全体に染み渡ります。

ぜひ、Foo Fightersの楽曲とともにお楽しみください。

特設ページは、こちら。

Foo Fighters × 楯野川 純米大吟醸 半宵 銀(はんしょう ぎん) 数量限定

Foo Fighters(フー・ファイターズ)結成25周年、バンド通算10枚目のアルバム『Medicine At Midnight(読み:メディスン・アット・ミッドナイト)』の発売を記念して造った純米大吟醸酒です。

発酵中の醪(もろみ)にFoo Fightersの曲を聴かせて造った『半宵 銀』は同バンドのロックな一面にフォーカスし、重厚感があり後味のキレのいい味わいに仕上げています。

しっかりとした骨格のある口当たりと凛とした佇まいが、明日への活力を与えてくれます。

ぜひ、Foo Fightersの楽曲とともにお楽しみください。

特設ページは、こちら。

Foo Fighters × 楯野川 半宵(はんしょう) コンプリートBOX 限定醸造

※当商品は完売しました。再販の予定はございません。

結成25周年、バンド通算10枚目となるニューアルバム『Medicine At Midnight(読み:メディスン・アット・ミッドナイト)』のリリースを発表したFoo Fighters(フー・ファイターズ)が、楯の川酒造とタッグを組み、オリジナル日本酒『半宵(読み:はんしょう)』を発売いたします。

大の日本酒好きとして知られるデイヴ・グロールを筆頭に彼らの好みを反映した2種類の純米大吟醸酒、ニューアルバム(国内盤)、Foo Fighters ×『半宵』オリジナル3勺お猪口と共にオリジナルBOXにパッケージングして特別に販売いたします。

特設ページは、こちら。

【商品購入ページのご案内】
楯の川酒造公式オンラインショップ

Phoenix レインボーラベル 限定醸造

楯野川「日本酒×音楽」シリーズの記念すべき第一弾。

食の都パリで日本食材・日本酒の小売店、レストランをオープンし、和食・日本酒の普及に尽力されていた黒田利朗さんが、2017年、パリの病院で逝去されました。
フランスで結成されたロックバンドPHOENIXメンバー クリスチャン・マゼライさんは、黒田さんを通じて、日本酒に興味を持たれ、特に日本酒 楯野川をご愛飲いただいております。
彼は日本酒を語る際、こう言います。「黒田さんからは日本酒を通じて、日本の文化だけではなく、人生の哲学・美しさを学んだ。黒田さんが亡くなって時間が経つが、いまだに毎日インスパイアされているよ。」

レインボーラベルはPHOENIXの通算6枚目のアルバム、Ti Amo(2017年6月9日)と同時発売され、反響を呼び完売しました。まさにTi Amoを感じさせる、ポップで爽やかな味わいを表現しました。
黒田さんがガンで亡くなり、先進医療技術発展に貢献するため、売上の一部は日本赤十字社に寄付しました。

現在、日本国内では販売されていません。

Phoenix Limited Edition 限定醸造

楯野川「日本酒×音楽」シリーズの第二弾。

好評だったレインボーラベルに、一枚一枚染め上げた手作りの手ぬぐいで包んだ、特別仕様のパッケージ。
不死鳥・七色の羽や虹をテーマにしました。故・黒田利朗さんが愛した地酒、奈良・油長酒造「風の森」、栃木・惣誉酒造「惣誉」にも横展開しました。
PHOENIXコラボ酒の担当者はこう語ります。グラミー賞受賞アーティストとコラボレーションすることは、滅多にない機会で、日本酒の未来を考えると、楯の川酒造だけでなく、他の蔵にも視野を広げ、日本酒の多様さ、面白さ、奥深さを表現したほうが、黒田さんも喜ぶと考えました。
PHOENIXメンバーの意向により、売上の一部は日本赤十字社に寄付しました。

現在は販売されていません。

Phoenix スパークリング 限定醸造

楯野川「日本酒×音楽」シリーズの第三弾。

このスパークリング酒はバンド結成20周年を記念して造りました。
第一弾、第二弾に引き続き、黒田さんのこれまでの日本酒啓蒙活動に心からの感謝の意を込めて、PHOENIXとコラボレーションして造った純米大吟醸酒です。

穏やかで心地よい発泡感と絶妙に調和がとれた甘味と酸味。ガス感の強い飲み物が苦手なバンドの意向に配慮しました。

ボトルはプリント瓶を採用し、飲んだ後も、花瓶などの用途で再利用できるようなパッケージに仕上げました。

PHOENIXメンバーの意向により、売上の一部は日本赤十字社に寄付しました。

現在は販売されていません。