お知らせ

最新のお知らせ(楯野川新聞、ニュースリリースやイベント情報、メディア掲載)をまとめています。

10月・11月のイベント情報

2019年10月3日

<10月>
10/1 日本酒ゴーアラウンド(神田KURARA)(東京・神田)
10/4 酒・肴・家庭料理おがわ お酒の会(東京・巣鴨)
10/11~10/14 高畠ワイナリー収穫祭(山形・高畠)
10/12 おいしい食の都庄内酒まつり(山形・酒田)
10/13 わがままマルシェ(山形・酒田)
10/14 酒ゃビック いいOKASEフェスタ(愛知・名古屋)
10/15~18 宮城・山形合同産直市(神奈川・鶴見)
10/17~10/23 京急百貨店試飲販売会(神奈川・上大岡)
10/20 ナダヤ酒店「RAINBOW SAKE FESTIVAL」(埼玉・大宮)
10/21 虎連坊新宿店楯野川フェア(東京・新宿)
10/23~10/28 伊勢丹立川店山形物産展(東京・立川)

<11月>
11/2 蔵元洋食(山形・酒田)
11/21~11/22 えり瀬 お酒の会(東京・浅草橋)
11/27~12/3 西武池袋本店試飲販売会(東京・池袋)
11/30 庄内空港-成田空港LCC就航イベント(千葉・成田)

日本赤十字社 金色有功章 受章のお知らせ

2019年9月25日

2017年よりスタートした「Phoenix Sake Collection」の企画商品の売上の一部は、医療技術発展に貢献するため、日本赤十字社に寄付しております。

この度、楯の川酒造は日本赤十字社より金色有功章をいただきました。金色有功章は1885年(明治18年)より日本赤十字社の表彰制度として定められ、同社においては今日に至るまで最高位の表彰となります。

先日、楯の川酒造のスタッフがパリまで赴き、新作アルバムのレコーディング中のPHOENIXのバンドメンバーの方々に金色有功章受賞を報告してきました。メンバーの皆さんは大変喜ばれ、以下のようなコメントをいただきました。


「過去にいろんな賞をいただいたが、こんなに嬉しい表彰はない。とても嬉しい。」
「これまで取り組んできた活動が社会的に評価され、嬉しい。」


今後も楯の川酒造は、「Phoenix Sake Collection」の企画を通じて社会貢献活動に寄与して参りたいと存じます。

★「Phoenix Sake Collection」関連記事一覧

商品価格改定に関するお知らせ

2019年7月25日

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、日本酒「楯野川」の商品につきまして、価格改定を実施させていただきますことをご案内申し上げます。

昨今の原油価格高騰を背景とする輸送コストや重油燃料の上昇に加え、瓶や梱包資材ならびに酒米の納品価格が上昇しております。弊社といたしましては、コストアップを自助努力により吸収すべく様々な対策を講じて参りましたが、現行の価格体系を維持することが極めて困難な状況となって参りましたことから、商品の価格改定を実施させて頂く結論に至りました。

つきましては、誠に不本意ではございますが、
2019年8月1日(木)より、一部商品の価格改定を実施させて頂きますので、宜しくお願いいたします。

今後とも、製品の品質向上とお客様に喜ばれる商品開発に努力する所存でございます。何卒、諸事情をご賢察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



【商品価格改定実施日】2019年8月1日(木)

日本酒専門WEBメディアSAKE TIMES 記事一覧です

2019年7月4日

日本酒専門WEBメディアSAKE TIMESに取材、掲載いただいた記事の一覧です。

NEW「音楽と日本酒は似ているかもしれない」― 世界的バンド・Phoenixと楯の川酒造のコラボが新たな“SAKE”の世界を拓く(2019年7月)
精米歩合1%で“酒米の王様”を味わう─ 楯の川酒造が送り出す究極の1本「光明 山田錦」に込めた挑戦(2019年5月)
楯の川酒造の世界進出を支える庄内の魅力─ 地元で躍動する蔵元・農家・デザイナーがその価値を語る(2019年2月)
海外事業は9年で44倍に成長。「マーケティングディレクター」が見据える、山形・楯の川酒造の100年後の未来(2019年1月)
「すべてにおいて美しさを追求する」 純米大吟醸を極める、楯の川酒造の“フィロソフィー”に迫る(2018年7月)
世界を代表するSAKEを目指して。 “超高精白純米大吟醸”で勝負する、山形・楯の川酒造の比類なき挑戦。(2018年6月)
精米歩合1%、四合瓶で10万円の日本酒はどんな味なのか?─ 山形・楯の川酒造「光明」を一流ソムリエがテイスティング(2018年2月)
ファン待望のコラボ日本酒第2弾!フランス・パリで開かれた「楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Limited Edition」発表会レポート(2018年2月)
若手中心の造りに大転換! 山形県「奥羽自慢」の新ブランド「吾有事」に込められた熱い思いに迫る(2018年1月)
8%、7%、そして1%精米へ──山形・楯の川酒造「光明」が切り拓く新しい日本酒市場とは(2017年9月)
フランス・パリから発信する日本酒の魅力 〜山形・楯の川酒造が挑む海外市場開拓〜(2017年9月)
製造量100石から1500石に急成長!全量純米大吟醸に転身した山形・楯の川酒造の軌跡(2017年6月)

1 / 90